犬種別のかかりやすい病気 【ゴールデン・レトリーバー】編と白内障薬クララスティル

商品説明

商品名 犬種別のかかりやすい病気 【ゴールデン・レトリーバー】編と白内障薬クララスティル 商品カテゴリー わんこ健康情報, 厳選ペツトの病気知識, 犬(わんこ)用薬, 目薬, 関節炎・鎮痛

光沢のある豊かな被毛が特徴です。毛色は濃い金色から白に近い金色まで様々です。
前足の後ろに飾り毛があり、前胸、下胸、大腿、下腿の後ろ側、尾の下部に羽毛があります。
丈夫で活動的なので、運動は毎日する必要があります。

☆子犬選びのポイント
この犬種に多い股関節形成不全は遺伝が原因であることが多いので、親犬にこの病気が発症していないかチェックしておきます。

☆被毛の手入れ
被毛の美しさをたもち、皮膚病を防ぐために、ブラッシングは毎日行ないましょう。

 

さて、かかりやすい病気ですが、

1.白内障(ある程度歳をとった場合、他犬と比べると早い)
目をのぞくと白く濁ったように見える。視力が低下するために、よく物にぶつかったり、フラフラと歩いたりする。

2.甲状腺機能低下症
元気がなくなる。食欲不振になりますが、体重は増えます。皮膚が乾燥して脱毛も始まります。

3.皮膚病
体をしきりにかいたり、引っ掻いたりします。皮膚がただれたり、ベタつきます。また、フケが多量に出たり、脱毛など様々な症状が出ます。

4.股関節形成不全
股関節形成不全の症状は、生後6ヶ月頃から現れます。歩行時に足を引きずったり、腰を左右に揺らします。酷くなると階段の上がり下がりを嫌がるようになります。

キャンペーン情報

関連する商品

商品カテゴリー