犬種別のかかりやすい病気【ダックスフンド】編

商品説明

商品名 犬種別のかかりやすい病気【ダックスフンド】編 商品カテゴリー わんこ健康情報, 厳選ペツトの病気知識, 目薬, 関節炎・鎮痛

【ダックスフンド】

特長は、短肢長胴の体型が愛嬌のある小型犬です。「スタンダード・ダックスフンド」「ミニチュア・ダックスフンド」の2種類に分けられています。

皮毛、硬く短く滑らかな光沢のあるスムース、柔らかく長く絹糸 のようなロング、短い剛毛が密生しているワイヤーの3種類です。

さて、気になるのはかかりやすい病気ですよね。この点、調べてみました。

1.椎間板ヘルニア
背中を触ると嫌がります。
後ろ足を引きずったり、ふらついて歩く事があります。進行すると、排尿、排便障害や運動障害、後半身麻痺が起きるようになります。

2.甲状腺機能低下症
元気がなくなります。
食欲不振に陥りますが、体重は増えます。皮膚が乾燥して脱毛するようになります。

3.糖尿病
水を多く飲み、尿の量が増えます。食欲は旺盛なのに体重は次第に減少していきます。

4.腎臓病
こちらも、水を沢山飲み、尿の量が増えます。ただし、こちらは食欲は低下し痩せてきます。

5.白内障
目をのぞくと白く濁ったように見える。視力が低下するために、よく物にぶつかったり、フラフラと歩いたりします。

6.角膜・結膜炎
目のあたりをかいたり、気にするしぐさを見せます。まぶたの内側、つまり結膜が赤く腫れ、目やにが沢山出ます。
角膜が黒ずんだり、まぶたがくっついてしまうこともあります。

運動の注意

運動は十分にとります。ただし、胴長のため背中に負担がかかりやすいので、高い所から飛び降りたりしないように注意が必要です。

食餌

肥満すると、やはり背中に負担がかかります。過食には注意が必要です。

 

キャンペーン情報

関連する商品

商品カテゴリー