愛猫、腫瘍(がん)のサインはココにあります。おすすめの抗悪性腫瘍薬

商品説明

商品名 愛猫、腫瘍(がん)のサインはココにあります。おすすめの抗悪性腫瘍薬 商品カテゴリー にゃんこ健康情報, 厳選ペツトの病気知識

毎日のお手入れでボディチェック

腫瘍で大切なのは早期発見、早期治療、毎日のお手入れのついでに猫ちゃんの全身をさわって、

しこりや、おなかの腫れなど、いつもと違った様子がないかを確かめます。

たとえば、顔や耳の中、口内もしっかりとチェックします。

異物を発見したら、すぐに動物病院で検査を受けましょう。

腫瘍のサイン

1,からだの一部がふくらむ。

2,下痢、血便。血尿が出る。

3.食欲がなくなり痩せてくる。

4,呼吸があらくなる。

5,口が臭い、口内が腫れる。

 

腫瘍の種類

【リンパ腫】

リンパ球ががん細胞に侵されて発症します。リンパ節のほか、呼吸器、消化器、皮膚、眼球など

全身に発生し、場所によって症状は異なります。猫白血病ウイルスが原因で、若くても発症することが多いようです。

【乳腺腫瘍】

乳房にできる腫瘍はほとんどが悪性。腫瘍がだんだんと大きくなり、炎症や出血がおきます。

進行すると肺や腹部に転移します。

高齢の猫によく見られますが、まれに若い猫でも発症します。

肥満細胞腫】

肥満細胞と呼ばれる細胞が腫瘍になる病気で、体のどこにでも発生します。

皮膚の場合は良性が多いようですが、脾臓や腸の場合は悪性で転移しやすいです。

因みに、8歳~10歳の猫に多く見られます。

【ワクチン誘発性肉腫】

首の後ろ、肩甲骨の間、腰、大腿など、皮下注射が行われている場所にできる肉腫です。

多い腫瘍ではありませんが、ワクチン接種後にいつまでたってもしこりが消えない場合は

すぐに病院へ行くようにします。

【皮膚腫瘍】

皮膚肥満細胞腫、基底膜細胞腫、扁平上皮がんなど、皮膚にできる腫瘍全般を皮膚腫瘍と言っています。

基底膜細胞腫、皮膚肥満細胞腫は、猫では良性の可能性が高いとされています。

しかし、皮膚の小さなしこりがしばらく消えないようならすぐに診察を受けましょう。

【扁平上皮がん】

皮膚・口内・膀胱などに発生します。日光性皮膚炎が進行したもの考えられています。

因みに、色素の少ない白い猫は他の猫よりもかかりやすいと言われています。

【耳垢がん】

外耳道にある耳垢線に発生する腫瘍で、多くの場合、炎症を伴っています。

増殖の速度は遅いのですが、リンパ節に転移することがあります。

中年の猫から老年の猫に多いとされています。

 

キャンペーン情報

関連する商品

商品カテゴリー