犬の皮膚病の知識と人気NO.1のおくすり

商品説明

商品名 犬の皮膚病の知識と人気NO.1のおくすり 商品カテゴリー アトピー性皮膚炎, シャンプー, 厳選ペツトの病気知識, 抗真菌薬, 耳のケア

【犬の皮膚病って?】

犬の皮膚になんらかの病変が生じる状態が皮膚病です。

その皮膚病には、色々な原因があり、種類も多く、犬の病気の中でも、もっともポピュラーな病気です。

例えば、皮膚に限定して症状が起こっているものもあれば、内分泌疾患があり、その影響で皮膚に症状が起こることもあります。皮膚病には軽度のものから重度のものまであります。

また、治療も、すぐに反応して良くなる皮膚病もあれば、治療に時間を要するものもあります。
さらに、アトピー性皮膚炎など、生涯を通してうまく付き合っていくことが必要となるような皮膚病も存在します。

ところで、皮膚に起こる症状は目に見えるものなので、すぐに気づくことが多いですが、密集した皮毛に覆われている場合など、皮膚に湿疹や赤味などの異常がでていても気づくのが遅くなることもあります。

【皮膚病とはどんな症状?】

・皮膚の赤味

・湿疹がでる

・皮膚の炎症

・潰瘍ができる

・膿胞ができる

・かさぶたができる

・脱毛

・皮膚がべたつく

・フケがでる

・かゆみ

・痛み

・皮膚がにおう など
皮膚病の症状はその原因により様々です。

皮膚の乾燥やフケ、軽度の赤味などで、犬自身もあまり気にする素振りがないものから、激しいかゆみで、血が出るまで掻きもがいたり、睡眠不足になったりすることもあります。また、ひどい痛みが起きたりすることもあります。

 

【皮膚病の原因は?】

細菌、カビ、寄生虫などの感染、常在菌の異常増殖、アレルギー、アトピー、内分泌疾患、自己免疫疾患、遺伝的な問題、慢性的な皮膚への刺激など、さまざまな原因があります。

スキンケアの方法や、温度や湿度などの環境が要因の1つになることもあります。

【皮膚病にかかりやすい犬種は?】

原因によりかかりやすい犬種はありますが、基本的にはすべての犬種が皮膚病にかかる可能性があるとのデータがあります。

その中でも特にかかりやすい犬種として、

1.フレンチブルドッグ

2.パグ


3.シーズー


4.柴犬


5.ゴールデンレトリバー


6.ダルメシアン


7.ウエストハイランドホワイトテリア(かなり重症)

などが挙げられます。

フレンチブルドッグやパグなどの場合、顔のシワに汚れが溜まり細菌が繁殖して炎症し、皮膚炎を引き起こすケースが多いです。また、柴犬やシーズー、ゴールデンレトリバーなどは、アトピー性皮膚炎になりやすい犬種として知られています。

【皮膚病の治療法は?】

原因により治療法は異なっています。

・投薬

・感染症には、その原因に対して有効性をしめす薬を使用します。

・注射、薬用シャンプー
注射や殺菌作用、皮脂をとる、保湿、などの効果がある薬用シャンプーなどを使用する場合もあります。

キャンペーン情報

関連する商品

商品カテゴリー